高校留学で将来の選択の幅が広がります

subpage-img

留学を希望する人は大勢いますが、近年ではその年齢が下がってきており実に高校生の40%以上が留学をしてみたいと回答しています。

高校留学は少し前までは、夏休みを利用した短期間のものか交換留学という形でしたが、最近では1年間高校を休学して私費で留学するという生徒も増えています。

その背景には政府の後押しがあります。
高校留学の機会を増やすために奨学金の支給などの取り組みが行われたり、高校側でも海外で履修した単位の認定を広げたりしています。



高校留学には多くのメリットがあります。
英語という国際社会ではなくてはならない言語の習得はもちろんのこと、若い感性で異文化に触れることで見聞を広げることができます。


言葉の壁やカルチャ−ショックを乗り越えることで、自立心が芽生え、物事に対して臨機応変に対応する力が身に付くことでしょう。
海外の私立の高校は設備等も充実しており、教育環境にも恵まれています。少数人数制の授業を取り入れていることでひとりひとりの個性を尊重したきめ細かい指導を受けることができます。

安心安全の日本経済新聞情報は見逃せません。

日本では受けることができないような独自のユニ−クなレッスンが受けられるかもしれません。



ひとつの言語の習得で子供は自信がつき、高校を卒業したらそのまま海外の大学に進むと言い出すことも考えられます。


将来の選択が広がることも大きなメリットです。

我が子を国際人に育てたいと願うならば、高校留学を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

top